トップ中央診療部門 > 病理部

中央診療部門

病理部

業務内容のご紹介

病理部では、主治医や患者さんに質の高い組織、細胞診断を提供しています。また、病理診断を行うにあたり、病気の最新の知見やその原因となる物質を検出する技術を積極的に研究あるいは導入し、医療の"かなめ"として重要な役割を担っていると自負しています。

また、定期的に実際の症例を見ながら、臨床各科とカンファレンスを行い、患者さんを扱う臨床医が的確な治療方針を決定するために、コンサルタントあるいは相談相手として、パートナーシップを組んだチーム医療に参加しています。臨床科とのカンファレンスの詳細は下記の病理部のホームページを参照してください。

病理解剖部門では、不幸にしてお亡くなりになった患者さんを剖検して、その診断や治療法が的確であったかなどの評価を行っています。いわば医療現場における"裁判官"としての役割も果たしています。

これらの診断業務を通じて、病理部では病理臨床検討会(CPC)やBSLなどの卒前教育や卒後教育にも積極的に取り組み、多くの優秀な医師を養成すべく努力しています。

スタッフ紹介

スタッフ一覧

主な設備あるいは検査等可能な項目

1.組織診断:

内視鏡や肉眼的に観察した病変の組織を採取し、標本のプレパラートを作成します。

それを病理医が顕微鏡で観察し、どのような病変か診断します。手術標本では、癌の進行度や切除断端の判定、リンパ節転移の有無などの診断をします。

セカンドオピニオンにも対応しており、他院で作成、診断されたプレパラートについても病理診断を行っています。
2.細胞診断:

尿や喀痰、子宮頚部、内膜などからの剥離細胞、乳腺や甲状腺の穿刺細胞、胸水、腹水などが対象となります。これらをガラスに塗抹、染色後に顕微鏡で観察してがん細胞の有無、炎症の程度などを細胞検査士と細胞診専門医が判定、診断します。

3.術中迅速診断:

腫瘍が悪性か良性かなどの質的診断、リンパ節転移の有無、切除断端の判定などを手術中に行う検査です。凍結切片を作製することにより、約15分で結果を手術室に直接報告します。

4.病理解剖:

亡くなられた患者さんの死因、病気の進行度、治療の効果などを明らかにするために行います。ご家族の承諾のもとに行われます。

通常の染色(HE染色)だけでは診断困難な症例は、特殊染色や免疫抗体法を行い、診断します。自動免疫染色装置の導入により、省力化や迅速化を図っています。

最新の蛍光顕微鏡や写真撮影装置の導入により、腎生検などの蛍光染色の写真を脱フィルム化しました。

病理学的検査件数実績

  病理組織 細胞診 迅速診 剖検  
2003年度 4,876件 6,472件 460件 54件  
2004年度 4,376件 6,490件 514件 55件  
2005年度 4,326件 6,549件 552件 33件  
2006年度 4,459件 6,964件 592件 44件  
2007年度  4,995件  8,086件  679件   39件    
2008年度  4,961件  8,571年  666件  36件   
2009年度  5,082件  8,422件  709件  25件   
2010年度  5,207件  8,507件  673件  30件   
5.学会活動

 日本臨床細胞学会山梨支部の事務局を担当しています。