トップ中央診療部門 > 検査部

中央診療部門

検査部

業務内容のご紹介

病気の診断や予防、また治療効果の判定には、さまざまな臨床検査が用いられます。

例えば、貧血の検査や、肝機能検査、またコレステロール、中性脂肪、血糖や尿糖、心電図などはよく聞かれることと思います。ほんの少し昔までは、病気の診断は、医師の経験と技術にたよっていましたが、臨床検査が発達した今日では、種々の疾患について患者さんと医師が検査データを介して共通の情報のやりとりができるようになりました。

検査部は、臨床検査を専門に担当するところで、中央診療棟の2階にあり、臨床化学検査部門・免疫血清検査部門・血液検査部門・細菌検査部門・生理機能検査部門・一般検査部門・遺伝子検査部門・緊急検査部門・受付部門・採血部門などで構成されています。 

それぞれの検査を実施するために、専門分析装置や計測機器を駆使し、正確な検査成績を迅速に提供できるようスタッフ一同で日夜努めています。

  臨床検査項目の詳細は、各部門をご覧ください。

スタッフ紹介

スタッフ一覧

認定資格取得者一覧

 

 

主な設備あるいは検査等可能な項目

臨床化学検査部門

肝機能や腎機能、血糖、コレステロールなど化学成分を中心に検査をしています。

免疫血清検査部門

感染症の抗体、ホルモン、腫瘍マーカーなど、さまざまな免疫検査をしています。

血液検査部門

血液細胞数とその形態や機能検査および凝固検査をしています。

細菌検査部門

病原体の検出や抗生剤の効果判定、また院内感染対策検査などを行っています。 

生理機能検査部門

心電図、脳波、呼吸機能検査、超音波診断など、生理機能検査を担当します。

一般検査部門

尿検査を中心に、尿糖、尿蛋白、尿中の細胞成分などを検査します。

遺伝子検査部門

病原体のDNAやRNAなどを検出する遺伝子検査を行っています。

【緊急検査部門】

夜間や休日の時間外緊急検査に対応し、患者さんのためのチーム医療を担っています。

【受付部門】

検査受付や検体の前処理、またそれらに関する質問やご要望もうかがいます。

【採血部門】

検査項目に合わせて採血を行います。 

臨床検査項目の詳細については、各部門をご覧ください。 

研究の情報公開(オプトアウト)

検査部・輸血細胞治療部で実施中の研究 (平成29年10月12日現在)

 

残存血小板についての研究

対象:平成29年1月1日から平成32年11月31日に当院で血液検査を受けた患者さん

 

赤血球抗原に対する小児同種免疫に関する多施設共同研究

対象:平成21年1月1日から平成27年12月31日に当院で輸血を受けた19歳以下の患者さん 

 

不規則抗体陽性患者に対する赤血球製剤輸血に関する調査

対象:平成20年1月1日から平成26年6月30日に当院で不規則抗体陽性と判定されて赤血球輸血を受けた患者さん  

 

 カルバペネム耐性腸内細菌科細菌のカルバペネマーゼ検出・疫学解析

対象:2014 年 9 月 19 日から 2017 年 8 月 31 日の間に培養検査を受けた方  

 

 MRSA POT値と病原因子関連遺伝子の関連性の解析

対象:2016 年 1 月 1 日から 2017 年 12 月 31 日に当院で培養検査を受けた方  

 

 検査残余検体の利用

対象:2013年 2月 13日以から 2029年 3月 31日に当院検査部にて採血等の検査を受ける方  

メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(Methicillin-Resistant Staphylococcus aureus :MRSA)の疫学解析

対象:2018年9月から2019年3月31日の間に細菌培養検査を受け、血液培養検査および皮膚軟部組織培養検査よりMRSAが検出された患者さん