トップ中央診療部門 > 材料部

中央診療部門

材料部

業務内容のご紹介

病院内ではさまざまな診療行為が行われています。そこで使用されるのは、医療用消耗材料と医療用機器です。医療用消耗器材(注射器、針、ガーゼなど)は、安全性や感染性の視点から現在ではほとんどのものが現在ではディスポ製品となっています。医療用機器については、大型の検査用・治療用機器もありますが、手術時に使用する鋼製小物(いわゆるはさみやピンセットなど)は、そのほとんどが再使用されます。

材料部の業務は院内の医療、看護が円滑に推進するように必要な器具、器材を保管管理し、必要に応じて供給することです。

第一に、各部署で使用する器材(鋼製小物)を、3日間の使用見込み数を定数として在庫し保管管理されています。各部署で使用した器材は一次消毒を廃止し、専用バスケットに入れそのまま材料部に返却し全自動超音波装置で洗浄消毒後、高圧蒸気滅菌器で滅菌し当日中に、各部署に器材を払い出しています。これらを行う材料部は、中央診療棟3階東側にあり、手術部と隣接しています。年に2回は、病院全体の鋼製小物在庫調査を行い、定数を見直し病棟業務が円滑にできるよう注意しています。各部署で購入した器材は依頼滅菌として、材料部が預かり材質に合わせて高圧蒸気滅菌又はエチレンオキサイトガス滅菌を行った後管理部署に返却しています。材料部の使命として、「毎日確実な洗浄と滅菌の質の保証」をする為に決められた確認方法を遵守し記録・保管することで、患者さんに安全な器材が提供できる事を心がけています。

第二に、院内で共通で使用される衛生材料やディスポ製品を中央管理し各部署の使用量に合わせ、定数在庫とし各部署に在庫しています。衛生材料は毎日、病棟あるいは外来に補充をしています。これら以外にも、輸液ポンプの清掃やネブライザー用蛇管の乾燥も行っています。物流センターは、1階西側の洗濯室前にあり、各部署で共通に使用する使用頻度の高い材料を常時在庫し、使用データーを基に払い出しを行っています。回収用紙に貼られたラベルの品目及び数のデーターに基づき物流センター担当者が、材料を準備し毎日各部署の所定の保管場所に補充しています。物流担当者は、材料を払い出す前に、必ずダブルチェックを行い、ラベルの貼り忘れや数え間違いのない事を確認してから払い出しをしています。年末年始などの長期の連休に合わせ、在庫を多く確保し病棟の請求に対応できるようにしています。物流センターに保管してある物品は、期限の管理が厳重に行なわれており、患者さんの安全を守る事が最優先されています。

材料の供給、滅菌という業務を通じて、安全で効率的な病院運営ができるよう今後とも努めてまいります。

主な設備あるいは検査等可能な項目

  1. 洗浄・消毒装置:自動洗浄耕地により、器材の洗浄及び消毒を行います。
    洗浄・消毒装置
  2. 高圧蒸気滅菌装置
    高圧蒸気滅菌装置
  3. エチレンオキサイドガス滅菌装置
    エチレンオキサイドガス滅菌装置 エチレンオキサイドガス滅菌装置