がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン

がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン

文部科学省採択事業
がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン
『高度がん医療開発を先導する専門家の養成』


   山梨大学は、慶応義塾大学を主管とした関東甲信越の10大学により推進している「高度がん医療開発を先導する専門家の養成」プログラムに参加しています。この程、このプログラムが文部科学省「がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン」に採択されました。このことから、本学では、大学院コースとして平成25年度より新たに「地域がん特進コース」を開設し、地域におけるがん診療及び研究の核となる人材の育成を目指します。

【事業の背景・目的】
   がんは、わが国の死因第一位の疾患であり、国民の生命及び健康にとって重大な問題となっております。がん医療を高度化するためには、医師のみならず、看護師・薬剤師・理学療法士・医学物理士・歯科医などがん医療を構築するすべての職種がチームとして機能することが重要です。
   本事業は、手術療法・放射線療法・化学療法・その他のがん医療に携わるがん専門医療人を養成する大学(大学院、大学病院を含む)の取組みを文部科学省が支援するものです。

【事業概要】
   地域のがん医療水準を高度にかつ長期に維持して行くことを目的として、山梨県のがん診療の中心である山梨大学に、学部学生及び初期研修とも一体化を図る「地域がん特進コース」を設置します。また、山梨大学では地域の医師確保を目的とした地域枠学生を受入れておりますが、本事業と連動させることにより、地域枠学生の地域への定着をも目指します。これに加えて、本事業では現在地域でがん診療に携わっている医師・看護師・薬剤師に再研修の場を提供することを目的として「インテンシブコース」を設置します。
   連携大学との協力により、幅広い職種の研修や高度な知識・技能の習得を目指す。一方、がん診療の全体を俯瞰するためには、地域の実情やニーズを把握することは重要であり、当大学のインテンシブコースを地域がん診療を知る機会として活用し、地域のニーズをがん研究やがん教育の場にフィードバックさせることを目的としています。