トップ > ニュース&トピックス

ニュース&トピックス

ニュース&トピックス 2012年05月

いわき市立総合磐城共立病院での支援活動 12.05.17

 山梨大学医学部附属病院は、昨年に引き続き、4月2日から4月6日までの間、全国医学部長病院長会議被災地医療支援委員会からの要請に基づき、いわき市立総合磐城共立病院に医師1名を派遣し、医療支援を行いました。
 支援活動の詳細は下記をご覧ください。
 ・いわき市立総合磐城共立病院への支援

日本DMAT隊員養成研修に本院職員5名が参加しました 12.05.17

 山梨大学医学部附属病院は、災害発生時に迅速な被災地支援を行うため、DMAT(災害派遣医療チーム)を設置することとしました。DMATは、医師、看護師、業務調整員(医師・看護師以外の医療職及び事務職員)で構成され、大規模災害や多傷病者が発生した事故などの現場に、急性期(おおむね48時間以内)に活動できる機動性を持った、専門的な訓練を受けた医療チームです。(本院は4月1日に山梨県からDMAT指定医療機関の指定を受けました。)
 平成24年3月14日から17日の4日間、兵庫県災害医療センターにおいて行われた日本DMAT隊員養成研修に、5名(医師1名、看護師2名、臨床検査技師1名、診療放射線技師1名)の職員が参加しました。
 詳細は下記をご覧ください。
 ・DMAT研修に参加して(広報誌「はなみずき」第58号より抜粋)

dmathoukoku.JPG
 4月10日に研修終了後の報告会が病院長室で行われました。
 右から島田病院長、柳沢助教(救急部)、宮坂副看護師長(ICU)、村松看護師(ICU)、雨宮副臨床検査技師長(検査部)、大島診療放射線技師(放射線部)