トップ > ニュース&トピックス

ニュース&トピックス

ニュース&トピックス 2013年04月

東日本大震災における被災者の支援活動等に対する厚生労働大臣感謝状が贈られました 13.04.23

平成25年4月18日(木)、山梨県議会議事堂(山梨県甲府市丸の内)において、東日本大震災における被災者の支援活動等に対する厚生労働大臣からの感謝状の伝達が、山梨大学に対し行われました。
  本感謝状は、平成23年3月に発生した東日本大震災における被災者の支援活動を行った団体等に贈呈されたもので、山梨大学は、医学部附属病院の医療救護活動(医師、薬剤師、看護師、事務職員等で構成された医療救護班の被災地への派遣)等による貢献が認められての受賞となりました。伝達式に出席した島田病院長は、「我々の活動が評価されて嬉しいです。」と述べています。



 感謝状を受領する島田病院長



 感謝状



 感謝状は医療救護班の活動を記録したパネルとともに病院外来通路に掲示しています。


内視鏡手術支援ロボット「ダヴィンチ」を山梨県内で初めて導入しました 13.04.03

山梨大学医学部附属病院は、この度、内視鏡手術支援ロボット「ダヴィンチ」を山梨県内で初めて導入しました。これは最新型の「ダヴィンチSi」であり、全国の国立大学病院の中でも早期の導入となりました。
  この「ダヴィンチ」を用いて、医師が操作部からロボット部のアームを遠隔操作することにより、非常に精緻な作業が可能となり、低侵襲で安全・確実な手術を行うことができます。現在、前立腺がんに対するロボット支援腹腔鏡下手術が健康保険適用となっており、トレーニングプログラムを経て、6月頃に同手術を開始する予定です。(詳しい内容は過去の記事を参照してください。)
  4月2日には、報道関係者を対象に見学・説明会を実施したところ、テレビや新聞等で大きく取り上げられました。

davincisi.jpg
 ダヴィンチの操作デモの様子


davincisi.jpg
 報道関係者に対し説明を行う島田病院長(左)、
   泌尿器科・武田教授(中央)、座光寺助教(右)


davincisi.jpg
 報道でも大きく取り上げられました。(提供:山梨日日新聞社)