トップ > ニュース&トピックス

ニュース&トピックス

ニュース&トピックス 2016年08月

子供用車椅子を寄贈していただきました 16.08.29

平成28年8月28日(日)に、チャールズプロジェクトから子供用車椅子を2台寄贈していただきました。

チャールズプロジェクトでは、「チャールズ!ハートをさがす」という絵本の売り上げ収益を子供用車椅子の普及にあてる活動をしています。今回、縁あって本院に子供用車椅子とバギーを各1台ずつ寄贈していただきました。

寄贈された車椅子は、3西のスタッフと共に必要な性能を検討の上決定し、贈呈式では、藤井病院長からプロジェクトへの感謝の言葉と、代表して篠原羽蓮(ゆいれん)さんに感謝状が贈られました。

3西病棟では、車椅子を活用し患児の皆さんの療養環境改善に役立てることにしています。


写真左から、杉田副看護部長、茶谷3西師長、篠原富美香様、村上悠記子様、藤井病院長、山田事務部長、(手前)篠原羽蓮さん

NICU、GCUにおける新生児の受け入れ停止について 16.08.24

本院では、重要な感染対策のひとつとして、従来から新生児集中治療室(NICU)ならびに新生児回復治療室(GCU)に入室する必要のあるすべての患者さんに対してMRSAの保菌の有無をスクリーニングしてまいりました。

そのような背景のなか、平成28年7月20日から8月24日の36日間に、NICUおよびGCUに入院された患者さんにMRSAの保菌の有無を確認したところ、院外持込みも含め現時点で保菌者が総計11名に達しました。

11名の患者さんのうちMRSA感染症として治療が必要となった方はおられません。現在、原因究明と徹底的な感染防止対策を職員全員で取り組んでいるところです。

 この感染拡大防止対策の一環として、平成28年8月25日より、NICUならびにGCUの新規入院患者さんの受け入れを一時的に停止いたします。

患者さん、ご家族の皆様、また県民の皆様ならびに県内医療機関をはじめとする関係者の方々には、多大なご心配、またご迷惑をお掛けしますことを深くお詫び申し上げます。

 

山梨大学医学部附属病院長

NICU、GCUのメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)保菌患者の対応について 16.08.22

本院では、重要な感染対策のひとつとして、従来から新生児集中治療室(NICU)ならびに新生児回復治療室(GCU)に入室する必要のあるすべての患者さんに対してMRSAの保菌の有無をスクリーニングしてまいりました。

そのような背景のなか、平成28年7月20日から8月18日の30日間に、本院のNICUおよびGCUに入院された患者さんにMRSAの保菌の有無を確認したところ、院外持込みも含め現時点で保菌者が総計8名に達しました。すべて保菌が確認されたのみで感染症状はなく、重篤な感染症が多数発生した状況、いわゆるアウトブレイクとは異なりますが、現在感染対策チーム(ICT)が介入しアウトブレイクに準じて保菌感染拡大を防ぐべく対策を強化しているところです。

本院では既に緊急感染対策会議を開催し、中北保健所に報告したうえでその指導も受け以下の諸対策を講じております。

  • 標準予防策(手指衛生、手袋・マスク着用)をさらに徹底する。
  • MRSA検出患者さんと未検出患者さんの入院病床を区域分けし、MRSA検出患者さんをGCUに収容し集中管理しGCUを原則として閉鎖する。
  • MRSA検出患者さんに対応する看護師を専任とし水平感染を防止する。
  • 関係部署職員のMRSA保菌状態をスクリーニングする。
  • 関係部署の環境培養を実施する。
  • 関係部署の環境培養の実施の結果を評価して一斉消毒を実施する。

なお、8月22日現在で、入院中の患者さんは3名です。発症者はおられません。

本院は今後ともこれまでと同様、院内感染対策に全力を尽くす所存です。 皆様にはご理解とご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

山梨大学医学部附属病院長

第38回腫瘍センターセミナーのお知らせ 16.08.10

平成28年9月12日(月)18時から、臨床講義棟小講義室において、第38回腫瘍センターセミナーを開催します。

詳しくはこちらをご覧ください。



「緩和ケア教室」会場移転のお知らせ 16.08.01

毎月2回月曜日に開催しています緩和ケア教室ですが、平成28年8月15日(月)の回から、下記のとおり会場を移転することとなりました。お越しの際はお間違えの無いようお気を付け下さい。

詳しくはこちらをご覧ください。