トップ患者のみなさまへ > セカンドオピニオン外来について

患者のみなさまへ

セカンドオピニオン外来(完全予約制)について

セカンドオピニオン外来の目的

当院以外の主治医の診療を受けられている方を対象に、主治医から与えられた診断・治療の資料から、診断内容や治療法に関して当院の専門家の意見・判断を提供し、患者さんが、その意見や判断を今後の治療に際しての参考にしていただくことを目的とします。

セカンドオピニオンの相談対象者

原則、患者さんご本人とします。

本人以外の場合は、相談者本人の「相談同意書」及び身分を証明できる書類(免許証等)が必要となります。

なお、相談対象者が未成年の場合には、続柄を確認できる書類(健康保険証等)を持参することで相談することができます。

相談内容

セカンドオピニオンは、今後の治療に関しての意見・判断を提供するもので、診察ではないので検査や治療行為(薬剤投与、処置)は行いません。

セカンドオピニオン終了後の治療は、ご紹介元の先生に継続してかかっていただくことを原則とします。

また、セカンドオピニオンは、今後行う治療についての意見や判断の提供ですので、今までに行った治療に対するものは相談の対象ではありません。相談内容によってはセカンドオピニオン外来よりも一般外来の受診を勧めるほうがよいと判断される場合(転医等)には、一般外来を受診していただく場合もあります。(本院受診の場合は、セカンドオピニオン受診日以外の日に受診をしていただくこととなります。)

相談内容として適さない事項

  • 主治医に対する不満、転医希望、医療事故に関するもの
  • 医療費の内容、医療給付に関するもの
  • 医療訴訟の問題等、直接の治療以外に関するもの

相談対象の診療科及び相談医師

全診療科で相談をお受けいたします。

当該疾患の専門知識を有する優秀な医師が相談をお受けいたしますので、ご安心ください。

セカンドオピニオン外来を担当する医師は、相談内容に十分対応できる経験豊富な医師でなければならないことを考慮して診療科長又は診療科長が指名した専門医とし、専門性を考慮して各診療科長が決定します。

相談専用室および看護師の立会い

セカンドオピニオン外来専用の部屋で相談をお受けいたします。

セカンドオピニオン外来後の相談のために、看護師が第三者として必ず立ちあっておりますので、相談をしたい場合は遠慮なくご相談ください。

相談時間及び料金

自由診療(自費診療)の扱いとなり、健康保険は使用できないので注意してください。

1回1時間を原則とし、1回1時間まで21,600円(税込)です。

1時間を超えた場合は30分ごとに10,800円を加算するものとします。

相談時間確認のために、ご本人の確認サインをいただいております。

相談内容によって相談が2日以上になる場合も、基本的には1回分(1日分)のみのお支払いとなります。

しかし相談内容が明らかに別内容である場合には、2回分の請求となる場合もありますので、ご了承ください。

また、相談内容によっては、病理医による病理診断又は放射線科医による画像診断が必要となる場合もありますが、その場合の料金は別途徴収いたしません。すべて相談料金の中に含まれます。

申込から相談までの流れ

  1. 完全予約制ですので、医療福祉支援センター7番窓口(セカンドオピニオン外来担当)までご連絡ください。

    受付時間 午前9時~午後5時
    受付電話 055-273-9872

  2. セカンドオピニオン外来担当が相談内容を伺ってから、手続き等についての説明のうえ、次の書類をお送りします。

    (1) セカンドオピニオン外来のご案内
    (2) セカンドオピニオン外来申込書
    (3) 主治医の先生へのお願い
    (4) セカンドオピニオン外来専用診療情報提供書
    (5) セカンドオピニオン外来相談同意書

  3. 上記(2)の「セカンドオピニオン外来申込書」を郵送かFAXにてセカンドオピニオン外来担当へお送りください。

    郵送の場合の宛先またはFAX番号

    〒409-3898
    山梨県中央市下河東1110番地
    山梨大学医学部附属病院セカンドオピニオン外来担当
    FAX 055-273-9879

  4. 相談日は、「セカンドオピニオン外来申込書」に基づき、本院の該当する専門医と相談のうえで、セカンドオピニオン外来担当からご連絡いたします。そのうえで、「セカンドオピニオン外来予約票・実施票」をお送りいたします。
  5. それまでに現在おかかりの病院または医院の先生に上記 (3)の「主治医の先生へのお願い」をお渡しいただき、上記(4)の「セカンドオピニオン外来専用診療情報提供書」を作成していただいたうえで、検査資料等をお借りしてきてください。
  6. 相談当日は病院正面玄関総合案内にお越しいただき、こちらから郵送しました「セカンドオピニオン外来予約票・実施票」、「セカンドオピニオン外来相談同意書」(相談者が本人以外の場合)及び「身分を証明できる書類(免許証等)」(相談者が本人以外の場合)をお見せいただき受付をしてください。お部屋をご案内いたします。
  7. 相談はセカンドオピニオン外来専用の相談室において行われます。本院の看護師も同席いたしますので、相談後の悩みにも対応いたします。
  8. 相談が終わりますと、15分ほどお待ちいただき、相談医師からご本人あてに「セカンドオピニオン外来相談結果報告書」を2枚お渡しいたします。1枚は現在おかかりの病院または医院の先生にお渡しください。また、相談時間の確認のために確認サインをいただいておりますので、ご協力をお願いいたします。
  9. 相談終了後は「4番会計窓口」へ寄っていただき、「5番支払窓口」にて会計をお願いします。
    また、次回の相談日予約をされた方は「4番会計窓口」で次回の「セカンドオピニオン外来予約票・実施票」を受け取り、次回受付時にご持参いただき受付にてお見せください。

相談に際して当日に必要なもの

  • セカンドオピニオン外来予約票・実施票(本院発行のもの)
  • セカンドオピニオン外来専用診療情報提供書
  • 相談同意書(様式は任意のものでも対応可。)及び身分を証明できる書類(免許証等)
    (相談者がご本人以外の場合は、「相談同意書」及び身分を証明できる書類を必ず持参していただきます。ただし、対象者が未成年の場合は、「同意書」は必要とせず、続柄が確認できる書類(健康保険証)等を持参していただくことで、相談をお受けいたします。)
  • 相談に必要な資料
    レントゲンフィルム、心電図の結果、血液検査の結果、超音波検査の結果、病理検査報告書等

他院でのセカンド・オピニオンを希望される場合は

 本院受診中の患者さんで、他院でのセカンド・オピニオンを希望される場合は、資料を用意いたしますので、主治医にご相談ください。