トップ診療科 > 消化器外科、乳腺・内分泌外科(第一外科)

診療科

消化器外科、乳腺・内分泌外科(第一外科)

診療内容のご紹介

当科で診療を行なっている主な疾患は下記のとおりです。

上部消化管

食道癌、胃癌、食道裂孔ヘルニア、逆流性食道炎、食道アカラシア、胃粘膜下腫瘍(GISTなど)、胃悪性リンパ腫、胃潰瘍

下部消化管

大腸癌、炎症性腸疾患、小腸腫瘍、人工肛門

肝臓

肝細胞癌、肝内胆管癌、肝門部胆管癌、転移性肝癌

胆嚢・膵臓

胆管癌、胆嚢癌、肝門部胆管癌、十二指腸乳頭部癌、胆嚢結石、総胆管結石、肝内結石、先天性総胆管拡張症、膵胆管合流異常等、急性胆嚢炎、急性胆管炎、膵臓癌、膵嚢胞性腫瘍、膵内分泌腫瘍、急性膵炎、慢性膵炎、膵外傷等

乳腺

乳癌、乳腺疾患

スタッフ紹介

スタッフ一覧

外来受付スケジュール

初診:午前8時30分~10時30分まで

再診:午前8時30分~11時まで

※午後の専門外来は予約制です。予約票の時間に合わせてお越し下さい。

※乳腺は,初診の紹介予約診療を行っておりません。

第一外科 午前
午後
一般初診 午前 ◎市川 大輔   河野 寛   ◎市川 大輔
上部
消化管
午前 河口 賀彦   河口 賀彦
赤池 英憲
   
午後 河口 賀彦
赤池 英憲
 中田 祐紀
      白石 謙介
肝・胆・膵 午前     ○河野 寛
●板倉 淳
川井田 博充
雨宮 秀武
細村 直弘
渡邉 光章
   
午後 *藤井 秀樹
(第4週)
  ○河野 寛
川井田 博充
雨宮 秀武
細村 直弘
  *松田 政徳
(第1,3週)
下部
 消化管
 (月は
 再診のみ)
午前 須藤 誠       須藤 誠
古屋 信二
赤澤 祥弘
午後 赤澤 祥弘       須藤 誠
古屋 信二
赤澤 祥弘
乳腺 午前 井上 慎吾
木村 亜矢子
大森 征人 井上 慎吾
大森 征人
井上 慎吾 井上 慎吾
木村 亜矢子
午後 井上 慎吾
木村 亜矢子
大森 征人 井上 慎吾
大森 征人
*高橋ひふみ
  井上 慎吾
木村 亜矢子
ストーマ
 外来
午後         須藤 誠
古屋 信二
赤澤 祥弘

◎:教授  ●:病院教授 ○:准教授  *:非常勤講師

     この部分は予約再診です。     この部分は紹介初診・予約再診です。

外来案内

乳癌に関して

初診の受診は、毎平日の午前中です。紹介状は必要ありません。受診日にマンモグラフィ、超音波、穿刺細胞診検査を行い、迅速に診断し、患者さんの心配を早期に解決したいと思います。患者さんから待ち時間が長いとの意見があります。これについては、当日可能な限りの検査を行い、迅速な診断と丁寧な説明を心掛けているため、多少の診療時間の延長はやむを得ず、ご容赦願いたいと思います。
  乳癌の専門医3名、認定医1名で診断治療を行っています。また、乳癌遺伝カウンセリング外来も行っています。
  手術に関しては、可能な限り、乳房温存術とセンチネルリンパ節生検による腋窩郭清の省略を行っています。この生検を行うことによって、腕のむくみ、肩痛はなく、肩のリハビリの必要もありません 。
  昨年の乳癌の手術件数は116例です。

肝臓

当科は日本肝胆膵外科学会の高度技能医修練施設(A)に指定されており、学会認定の高度技能指導医が診療および後進の指導にあったっています。肝臓外科部門では肝臓専門医でもある肝臓外科スタッフが肝細胞癌を中心に肝内胆管癌、肝門部胆管癌、転移性肝癌などの悪性腫瘍や巨大血管腫などの肝腫瘍に対して治療を行っています。治療法の中でも肝切除は最も根治的であり、ひとたび手術が最適と判断された場合は、安全に、最善の治療ができるよう最大の努力を払っています。また、これら難治性の癌に対して切除に加え、あらゆる治療のオプション(焼灼、動注、放射線)を総動員して治療を実施しています。
  最近の肝切除における赤血球輸血の頻度は8%以下で、合併症も極めて少なく、肝切除後の患者さんのほとんどが、術後2週間程度で退院しています。2012年12月には肝細胞癌に対する肝切除における術死、在院死0%の記録が17年に達しました。大腸癌や胃癌では集学的治療の一環として転移性肝癌に対して積極的に肝切除を行っています。最も症例の多い肝細胞癌については、肝細胞癌治療のガイドラインを遵守しつつ、肝切除が最も根治的な局所治療であるという外科の最大のメリットを生かし、肝機能評価と画像診断による切除量の正確な把握によって根治性を追求しつつ、安全に必要十分な手術を行なっています。さらに、肝細胞癌の手術後はインターフェロンなどを用いた再発防止策を実施し、再発は厳重な経過観察で早期に発見し、再肝切除を含む積極的な再発治療を行っています。最近では、長期の内科的治療後に経皮的治療が困難となった症例に対する手術治療例も増加しています。切除困難例には、動注、全身化学療法や放射線治療を組み合わせた集学的治療を実施しています。

胆道・膵臓

良性胆道疾患として胆嚢・胆管結石、先天性胆道拡張症、膵・胆管合流異常などを対象にしています。胆嚢結石はほとんどの症例に腹腔鏡下胆嚢摘出術が施行されていますが、最近ではより美容性を重視した単孔式の腹腔鏡下胆嚢摘出術を取り入れています。また、先天性胆道拡張症、膵・胆管合流異常という先天性の胆道形成異常に関してはその病態(膵・胆管合流異常は胆道癌の原因と言われています)、治療に関して本邦のオピニオンリーダー的存在になっており、合併症の少ない根治的な治療が施行されています。
  悪性胆道疾患としての胆嚢癌、胆管癌に対して、安全に手術により根治的治療を目指しています。胆嚢癌に対しては確実なリンパ節郭清により高い5年生存率を得ています。また胆管癌に対しては、幽門輪温存膵頭十二指腸切除術という難易度の高い手術を、日本肝胆膵外科学会認定高度技能指導医のもとに安全に施行しています。また、極めて治療が困難とされており、切除不能の症例が多数をしめる肝門部胆管癌に関しては、切除側門脈塞栓を放射線科と共同で施行し高い切除率をあげています。さらに根治性の高い手術療法と同時に的確な化学療法を施行し生存率の向上に努めています。
  膵疾患に関しては、致死率の極めて高い重症急性膵炎、慢性膵炎の外科治療に積極的に取り組んでいます。また、極めて予後不良の膵臓癌に関しては徹底的な郭清により生存率の向上に努めるとともに、血管合併切除の積極的施行により切除率の向上を得ています。一方で、膵神経内分泌腫瘍、膵管内乳頭粘液産生腫瘍、膵嚢包性腫瘍などの低悪性度疾患に対しては膵分節切除、脾温存膵体尾部切除などの機能温存縮小手術も施行しています。また膵体尾部切除には腹腔鏡下手術の導入への準備をはじめています。徹底的な拡大手術と同時に合理的な縮小手術を、的確に症例を選択して安全に施行しています。また、術中放射線照射、術後体外照射に加えて化学療法を合理的な方法で併施し高い予後の改善を得ています。

上部消化管

上部消化管疾患上部消化管診療グループは、主に上部消化管(食道, 胃)の悪性疾患(ガン)に対して、手術療法を中心とした集学的治療の提供を実践しております。食道癌手術は年間約40-45例の手術数を経験しており、専門チームによる診療体系を展開しております。また、手術だけでなく、抗癌剤を用いた化学療法、放射線療法および免疫療法等を組み合わせた集学的治療を実践し、治療成績の向上に努力しております。
  新規癌治療の開発のため、食道癌に対する癌ワクチン療法の臨床試験を実践しており、食道癌治療に対する集学的治療を、研究・臨床の両面から積極的に取り組んでいます。胃癌手術症例数は年間約70~80例であり、胃癌治療ガイドラインに準じ、病期の正確な診断のもとに、QOL(quality of life)を保った必要かつ十分な手術を実践しております。近年、腹腔鏡手術を積極的に導入しており、早期胃癌のほとんどを腹腔鏡補助下幽門側胃切除術(LADG)もしくは、腹腔鏡補助下胃全摘術(LATG)で行っています。
  また、高度に進行した胃癌に対しても、多臓器合併切除、拡大リンパ節郭清を含め積極的な拡大手術を行い、さらに術前術後の抗癌剤治療を組み合わせ、治療成績の向上に努めております。また、胃全摘術後には、食事摂取の維持を目的とした空腸パウチ作製による再建法を標準術式として確立しており、胃全摘後のQOLの向上に寄与しております。

下部消化管

大腸癌に対する手術、術後の抗癌剤治療を中心に、炎症性腸疾患、小腸腫瘍などの診療を行っています。専任看護師による人工肛門外来を行っています。

診療科・講座のホームページアドレス

http://y-surg1.jp