トップ診療科 > 消化器内科(第一内科)

診療科

消化器内科(第一内科)

診療内容のご紹介

当科では、肝疾患、消化管疾患、胆道・すい疾患に対して、様々な最先端の治療を行なっています。下にそのいくつかを紹介します

肝疾患肝臓グループでは、急性肝炎・慢性肝炎などのウイルス性肝炎をはじめ肝硬変・肝がんの診断・治療を行っております。当県はC型肝炎の発生が多く、全国的にみても肝癌による死亡が多い県であります。そこで、当科ではC型肝炎に対する抗ウイルス療法であるペグインターフェロン+リバビリン併用療法や、肝癌に対するラジオ波焼灼療法など最先端で高度な治療法も積極的に実施しております。

消化管疾患入院診療の対象となった消化管の疾患は、胃癌、食道癌、大腸癌などの消化管悪性腫瘍に加え、食道・胃静脈瘤など、診断や治療に専門性が求められるものが上位を占めています。外来診療においては、上記疾患に加えて腹部症状を呈する疾患全般についての救急対応や、入院診療の対象とはならないものの「他病医院で検査を受けて異常がないと言われました」と言って受診される機能性胃腸症(FD/IBS)の症例も多く通院をされています。内視鏡を中心とした検査・治療手技は、高度の専門性と技術を求められます。最近では、ダブルバルーンによる小腸内視鏡検査・治療も検討を始めています。

胆道、膵疾患食生活をはじめとするライフスタイルの変化から、胆嚢や胆管、膵臓の病気が増えています。また、検診や人間ドックなどの超音波検査で異常を指摘され、精密検査のために来院される患者さんも年々増加しています。

当科では関連各科との連携の下、マルチディテクターCTMRI、超音波内視鏡など最新の診断機器を用いて、常に客観的かつ正確な診断を目指しています。治療においても常に最新の医療技術を導入し、内視鏡を用いた胆石や胆管狭窄の治療など、より患者さんのお体への負担の少ない治療に取り組んでいます。また、胆道や膵の腫瘍性疾患については、標準的な治療法に加えて、外科や放射線科とも連携して、患者さん一人ひとりに最もふさわしい治療を提供したいと考えています。

スタッフ紹介

スタッフ一覧

外来受付スケジュール

初診:午前8時30分~10時30分まで

    再診:午前8時30分~11時まで

               

第一内科 午前
午後
消化器内科
初診
午前 久野徹 岩本史光 田中佳祐 深澤佳満 津久井雄也
胃腸 午前 山口達也 小林祥司 津久井雄也 岩本史光 吉田貴史
午後   *植竹智義 山口達也 *浅川幸子  
胆道・
膵臓
午前 深澤光晴   ○佐藤 公
深澤佳満
  廣瀬純穂
午後 高野伸一
進藤浩子
  ○佐藤 公
高橋 英
   
肝臓 午前 中山康弘
佐藤光明
○坂本 穣 ◎榎本信幸
○坂本 穣
前川伸哉
井上泰輔
中山康弘
◎榎本信幸
井上泰輔
佐藤光明
前川伸哉
*雨宮史武
午後   ○坂本 穣
*辰巳明久
○坂本 穣
井上泰輔
*三浦美香
鈴木雄一朗
  前川伸哉
感染症 午前   ○坂本 穣 ○坂本 穣    

◎:教授  ○:准教授  *:非常勤講師

この担当部分は予約可能です。

消化器内科一般も対応いたします。

外来案内

【受診の方法】

 初めて消化器内科を受診される方(初診)月曜日から金曜日の毎日初診外来を行っておりますが、2012年4月より、原則として他の医療機関(病院・医院・診療所)よりの紹介状をお持ちの方のみ対応させていただきます。初診の方は、まずは最寄りの医療機関にご相談ください。初診でも受診日と時間の予約ができます(紹介元の病院で予約をしていただきます)。診療の順番は予約のある方、紹介状をお持ちの方が優先となります。予約のない方の受付時間は、午前830分から1030分です。詳しくは総合案内にお尋ねください。 

消化器内科を再診される方月曜日から金曜日の毎日、予約制で再診外来を行っております。再診が必要な場合は、受診時に次回の予約をとっていますが、予約日に受診できない場合や予約日を過ぎてしまった場合などは、予約変更センター(055-273-9264)に御連絡ください。予約のない再診の方は、初診外来の受診となります。以前、担当した医師を希望するようでしたら、内科受付にお申し出下さい(診察日、予約状況等により当日は診察できないこともあります)。なお、予約がない方の受付時間は、午前830分から11時です。詳しくは総合案内にお尋ねください。再診につきましても、他の医療機関より御紹介いただく場合には、受診日と時間の予約ができます。

2012年2月 更新)

診療科・講座のホームページアドレス

第一内科ホームページ

http://www.ichinai-yamanashi.com/