トップ診療科 > 糖尿病・内分泌内科、腎臓内科(第三内科)

診療科

糖尿病・内分泌内科、腎臓内科(第三内科)

診療内容のご紹介

当科で診療を行なっている主な疾患は下記のとおりです。

1型糖尿病、2型糖尿病、高脂血症、痛風などの代謝疾患、バセドウ病、橋本病、副甲状腺・副腎・下垂体などの内分泌疾患、腎炎、腎不全などの腎疾患、関節リウマチ、全身性エリテマトーデス、血管炎などのリウマチ・膠原病疾患、高血圧症、肥満症、メタボリックシンドローム

スタッフ紹介

スタッフ一覧

外来受付スケジュール

 初診:午前8時30分~10時30分まで

 再診:午前8時30分~11時まで

担当医が学会出席等で不在の場合がありますので、病院医事課にお問合せ下さい。
現在、他の医療機関へ通院中の方は、紹介状を持ってご来院下さい。

第三内科 午前
午後
糖尿病・
内分泌・
甲状腺 
午前 一條 昌志
一條 沙耶花
土屋 恭一郎

 

一條 沙耶花
張磨 則之
一條 昌志
滝澤 壮一

 

張磨 則之
一條 昌志
森 健太郎

 
担当医
 
内沼 裕幸
林田 亮佑
一條 沙耶花

腎臓病
 
午前 *髙橋 祐子 奥 哲治
髙橋 和也
◎北村 健一郎
小西 真樹子
*渡邉 美教 ○古屋 文彦
四方 美穂
リウマチ・
膠原病
午前 中込 大樹
辰野 百合香

 

小林 惠
花井 俊一朗
辰野 百合香

 
小林 惠 中込 大樹 中込 大樹
小林 惠

 

◎:教授  ○:准教授  *:非常勤講師

 

外来案内

糖尿病・高脂血症などの代謝疾患、甲状腺などの内分泌疾患、腎臓病、リウマチ・膠原病疾患、肥満症を専門とする診療科です。

当科では、糖尿病、内分泌疾患、リウマチ・膠原病、腎疾患に対して、様々な最先端の治療を行なっています。

下にそのいくつかを紹介します。
 

糖尿病、内分泌疾患

山梨県下で当科は糖尿病診療のセンターとしての機能を担っており、多くの紹介患者様を受け入れています。血糖値のコントロールが困難な1型糖尿病患者さん、糖尿病合併妊婦さんにはインスリン持続皮下注入療法 (CSII)や連続血糖測定(CGM)を積極的に導入し、良好な結果を得ています。糖尿病患者さんの教育・療養指導にも積極的に取り組んでいます。医師の他、看護師、管理栄養士、薬剤師、臨床検査技師、理学療法士とチームを作って協力体制をとっています。また、甲状腺疾患においては、通常の診療に加え、甲状腺超音波診断、超音波ガイド下甲状腺生検を行っています。原発性アルドステロン症やクッシング症候群など副腎疾患は、検査技術の向上に伴い急増しています。当科では選択的副腎部位採血を放射線科と協力し積極的に実施しています。下垂体疾患では、進歩の著しい先端肥大症の治療、選択的部位採血による診断、成人成長ホルモン欠損症の治療などに積極的に取り組んでいます。


リウマチ・膠原病疾患、腎疾患

1) 腎臓病
蛋白尿・血尿、ネフローゼ症候群をはじめとする糸球体腎炎や間質性腎炎、電解質・酸塩基異常、急性腎障害(急性腎不全)、慢性腎臓病(慢性腎不全)、多発性嚢胞腎などの遺伝性腎疾患の診療を行っています。日本腎臓学会研修指定施設・日本透析医学会研修認定施設・日本アフェレシス学会認定施設となっています。

2) 膠原病
関節リウマチおよび全身性エリテマトーデス、多発性筋炎・皮膚筋炎、強皮症、混合性結合組織病、血管炎症候群、シェーグレン症候群、ベーチェット病をはじめとする膠原病の診療を行っています。関連各科と連携し腎生検、筋生検、皮膚生検をはじめとした各種検査、ステロイドや免疫抑制剤による治療、血漿交換などのアフェレシス療法、併発する感染症の治療を行っています。当院は日本リウマチ学会教育施設となっています。

 

診療科・講座のホームページアドレス

第三内科ホームページ

http://yamanashi-3nai.com/