トップ診療科 > 形成外科

診療科

形成外科

診療内容のご紹介

形成外科では、下記のような幅広い疾患を取り扱っています。

・ 外傷: 新鮮外傷(顔面、四肢)、顔面骨骨折など
      顔面の骨の骨折などは、美容性整容性に大きく関わりますので、
      都内では形成外科で治療されるのが一般的です。

瘢痕・ケロイド: 外傷・熱傷による瘢痕・ケロイド、瘢痕拘縮
      瘢痕や瘢痕拘縮の治療の健康保険適用は、著しい醜状変形を伴う場合と、
      運動制限のある場合に限られますが、様々な治療法があります。

先 天 異 常: 口唇口蓋裂、耳介の先天異常、頭蓋顔面の異常、多指症合指症、漏斗胸など

皮膚軟部組織腫瘍: 母斑、血管腫、皮膚・皮下腫瘍などの良性腫瘍
      あざのレーザー治療も当科で取り扱っております。

皮 膚 悪 性 腫 瘍: 皮膚癌などの切除および再建
      多くの場合は、当院皮膚科と連携して治療に当たっております。

頭 頚 部 腫 瘍: 顔面や頸部の腫瘍、耳下腺腫瘍など

再 建 手 術: 腫瘍摘出後の組織欠損や変形、乳房再建など
      頭頸部がん切除後や乳がん術後の再建医療は、われわれ形成外科医にとって
      もっとも重要な任務です。

・ その他 眼瞼下垂、性同一性障害、美容外科、リンパ浮腫に対するリンパ管静脈吻合術など

平成23年までは、皮膚科内形成外科診療班として、皮膚外科診療を中心に担当してまいりましたが、
   平成24年6月に診療科として独立し、正式に山梨大学医学部附属病院形成外科が誕生しました。

現在、形成外科担当医が6名、うち日本形成外科学会認定専門医が2人で診療に当たっております。
 山梨県内で、最も多くの形成外科医が常駐する診療機関となっています。

顔面骨骨折、頭頸部がん切除後の再建、乳癌切除後の乳房再建、眼瞼下垂症、リンパ浮腫のリンパ管静脈吻合術など、形成外科・再建外科全般の診療を幅広く担当することが可能となりました。
    そのほか、性同一性障害の外科的治療、美容外科などを含む幅広い治療を行っています。

<性同一性障害の外科治療について>

当科の診療科長である百澤は、GID(性同一性障害)学会の理事を務めており、日本精神神経学会の治療ガイドラインに準拠したGIDの外科治療を取り扱っています。したがって、ジェンダークリニック委員会での承認が必要です。

詳細は以下の通りです。

・GID患者に対する乳房切除術
    乳がんに対する乳房切除とは異なり、男性型胸郭を形成する手術です。上半身はだかになったときに、
    自然な男性型上半身にみえるようになることをめざします。

    当科では、関連施設である甲府昭和形成外科クリニックと連携して、集学的に治療にあたっています。
    治療費 約70万円(入院費、手術費すべて含む)、術前検査費2万5千円、入院期間 約7-8日間

  ※甲府昭和形成外科クリニックでも、乳房切除を行っています。
    治療費 55万円(税別)、術前検査費1万2千円(ただし入院はできませんので、小さめの乳房の方に限ります。)

・MTFSRS(性別適合手術)
    陰茎陰嚢皮弁法によるMTFSRSを第一選択としています。
    ・MTFSRS(造膣、除睾する場合)治療費 約170万円
    ・MTFSRS(造膣しない場合)治療費 約150万円
    ・MTFSRS(造膣なし、除睾なしも場合)治療費 約147万円
     (入院費、手術費すべて含む)、術前検査費2万5千円、入院期間 約2週間

・FFS(Facial Feminazation Surgery:顔面女性化手術)
    性同一性障害MTFの方が、女性としての社会生活を営みやすいようにすることを目的に顔面を女性的に形成します。

    ・前頭形成
    ・下顎形成
    ・頬骨形成
    ・鼻形成
    ・のど仏切除 などをその方の顔面形態に合わせて、適応することで、顔面形態を女性的に形成します。

 

  お問い合わせは、メールでも結構です。是非一度、お問い合わせ下さい。

 担当 百澤 明まで amomosawa@yamanashi.ac.jp

スタッフ紹介

スタッフ一覧

外来受付スケジュール

初診:午前8時30分~10時30分まで
再診:午前8時30分~11時まで

形成外科 午前
午後
初診 午前 ○百澤 明   塩川一郎 苅部 淳
大島直也
 
再診 午前

○百澤 明
大島直也

  水村奈央 苅部 淳
大島直也
(週替わり交代制)
 

○准教授

診療科・講座のホームページアドレス

http://www.med.yamanashi.ac.jp/medicine/plasticsurg/index.html