トップ診療科 > 麻酔科

診療科

麻酔科

診療内容のご紹介

当科で診療を行っている主な疾患は下記の通りです。

手術の麻酔

当院では局所麻酔のみで行われる一部の手術以外は、麻酔を専門とする医師の全身管理下に手術が行われています。

全身麻酔での手術が必要な場合には手術中・手術後の痛みを軽減するため全身麻酔に硬膜外麻酔などを併用しています。また患者さん自身が鎮痛薬を投与できるPCAポンプを積極的に使用しています。また、必要に応じて麻酔科医による局所麻酔(下半身麻酔など)も行います。

ペインクリニック外来・漢方外来

様々な疾患による痛みに悩んでいる患者さんを対象とする外来です。また、種々な不定愁訴を来たす病気に対しての漢方治療も行っています。

スタッフ紹介

スタッフ一覧

外来受付スケジュール

初診:午前8時30分~10時30分まで

再診:午前8時30分~11時まで

麻酔科 午前
午後
初診・
再診
ペイン
クリニック
午前

内田 昌子

猪野博史
 

  猪野博史
 中楯陽介
*山口敏昭(不定)
中楯陽介
 浅野伸将
*寺田仁秀(隔週) 

内田 昌子

猪野博史
 

ブロック 午前          

◎:教授  ○:准教授  *:非常勤講師

外来案内

当科では、疼痛疾患など対して、様々な最先端の治療を行なっています。

下にそのいくつかを紹介します。

麻酔科外来では、帯状疱疹後神経痛、三叉神経痛、頭痛、腰背部痛などの難治性の痛み、がんの痛みなど疼痛を来たす疾患を対象としています。疼痛疾患以外では、顔面神経麻痺、眼瞼痙攣、顔面痙攣なども治療対象としています。

また、併設する漢方外来では、疼痛疾患以外にも多様な全身症状の改善目的に治療を行っています。

治療方法としては、硬膜外ブロック、星状神経節ブロックなどの神経ブロックを中心に、薬物療法、直線偏光近赤外線治療器(スーパーライザー)、キセノン光治療器、針治療など侵襲の少ない治療法も併用しています。また、顔面痙攣・眼瞼痙攣に対してボツリヌス療法も行っています。

以下に、対象疾患を示します。

全身・・・

悪性腫瘍による疼痛、外傷後疼痛、手術後疼痛、帯状疱疹、帯状疱疹後神経痛

頭部顔面・・・

三叉神経痛、舌咽神経痛、後頭神経痛、片頭痛、筋緊張性頭痛、群発頭痛、非定型顔面痛、症候性三叉神経痛、顔面痙攣、眼瞼痙攣、顔面神経麻痺

頸・肩・上肢・・・

頸椎椎間板ヘルニア、変形性頸椎症、頸部症候群(外傷性など)、頸肩腕症候群、胸郭出口症候群、RSD(reflex sympathetic dystrophy)、カウザルギー、幻肢痛、断端痛、肩関節周囲炎、TAO、ASO、Raynaud病

腹部・内臓・・・

尿路結石症、麻痺性イレウス、胆道ジスキネジア、慢性内臓痛

腰・下肢・・・
筋筋膜性腰痛症、変形性腰痛症、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、椎間関節症、坐骨神経痛

四肢・・・

カウザルギー、幻肢痛、断端痛、TAO、ASO、末梢神経障害(糖尿病性など)
会陰部・・・

尾骨痛、睾丸痛、肛門部痛、陰部痛

診療科・講座のホームページアドレス

麻酔科ホームページ

http://y-anesth.jp/