山梨大学医学部附属病院

山梨大学医学部附属病院部門その他の部門看護部ごあいさつ

ごあいさつ

看護部長

(看護部長 古屋 塩美)

当院は、山梨県の地域医療再生中核病院としての役割を担っております。
当院看護部の理念である「患者さんとその家族も医療に参加していただき、健康問題を一緒に考え解決する」プロセスを大切にしています。
開院当初から『患者さんにより質の高いケアを提供するために入院から退院まで一貫性のある看護を提供し、さらに看護師の専門職業人としての資質向上をはかる』ことを目的とし、「担当看護師制+チームナーシング」の看護体制を取り入れています。
「私の患者さん」「私の看護師さん」の関係づくりを大切に、心の通い合う人間的な関わりを通して、その人自身がより健康的な暮らしを自ら創り出せるような関わりを大切にしてきました。
また、看護は実践の科学であり、エビデンスに基づいた看護の提供が望まれています。
看護の醍醐味を味わいたい方、患者さんひとり一人を大切にする看護を実践したい方、エビデンスのある看護を提供したい方、一人でも多くの患者さんが満足できるような質の高い看護を一緒に提供していきましょう。

副看護部長

副看護部長1

杉山 千里

副看護部長2

大門 恵美

副看護部長3

村松 陽子

副看護部長4

小泉 夫美子