山梨大学医学部附属病院

山梨大学医学部附属病院病院の概要安全管理体制

安全管理体制

病院長から

すべての患者さんに安全を:「安全が第一」

私たち山梨大学病院は親身な笑顔と高度な医療で「すべての患者さんに安心を」お届けすることを目指しております。
 病をえられてさまざま不安を抱え当院を訪れる患者さんに、安心して療養に取り組んでいただくために最も大切なこと、それは「安全」です。
 私たちは患者さんの安全を最優先としながら、最高の技術で最先端の医療をご提供できますように常に努力しております。さまざまな安全上の手順をまとめた医療スタッフマニュアルを常に手元におき、安全研修なども怠ることなくスタッフ一人ひとりが危機意識を持ち最大限の注意を払いながら日々の診療にあたっております。

「人は誰でも間違える」という言葉もにあるとおり個人の努力だけでは事故防止は万全ではありません。
 人の些細なミス、ヒューマンエラーが大きなアクシデントにつながらないためのシステムも非常に重要です。当院では安全管理部を中心に常にインシデントと呼ばれる事故にはいたらない小さなミスを病院中から収集し、これを分析しミスがアクシデントにつながるような病院の仕組みを改善する事故防止活動を強力に推進しております。

医療におけるヒューマンエラーのなかで最も基本的でありそして重大なアクシデントにつながりかねないものは「取り違い」です。
 「ミステイク」という言葉そのものが「取り違い」という意味です。人や薬の取り違いが医療においては重大なアクシデントにつながることがありえます。当院では「ちょっと待て、これは本当にその患者?」といった合言葉でお互いにチェックしチーム医療で常に人やモノの取り違いを防ぐようにしております。さらにバーコード認証などIT技術によりヒューマンエラーがアクシデントにつながることを防止するシステムを常に向上させ続けております

安全確保のためには、私たちだけでなく患者の皆さんのご協力も不可欠です。
 当院ではスタッフが診療の前に必ずお名前とお誕生日をお聞きする手順となっております。もしスタッフがこれをお聞きしないで診療を始めようとしたら是非、お名前とお誕生日をおっしゃってください。あるいはなにかご心配なことやご不安なこと、「これ大丈夫?」ということを感じられましたらご遠慮なくスタッフにお声がけいただくか、相談窓口やアンケートなどでお知らせください。皆さんからの情報が当院の医療をさらに安全なものにいたします。

「安全」で親身、高度なチーム医療で皆さまに「安心」してご療養いただくことが私たちの願いです。
どうかよろしくお願いいたします。

令和3年4月  病院長 榎本 信幸

1.医療安全管理のための組織

当院では、病院長、安全担当副病院長(医療安全管理責任者)の下、医療の質・安全管理部を設置して医療安全に取り組んでいます。同部は、兼任医師1名、専従のゼネラルリスクマネージャー5名(医師1名、看護師3名、薬剤師1名)ほかにより構成され、多職種のチームで連携して活動しています。主な業務は以下のとおりです。

  • 安全体制の整備
  • 医療事故等の防止策の立案と実施
  • 安全に関する教育・研修の企画と実施
  • 安全に関する院内各部門間の連絡、調整
  • 医療の質向上のためのモニタリング

また、安全管理委員会、5つの小委員会(医薬品安全小委員会、医療機器安全小委員会、診療用放射線安全管理小委員会、医療行為安全小委員会、患者とのかかわり小委員会)、2つの部門(高難度新規医療技術、未承認新規医薬品)、様々なワーキンググループなどを組織し、全診療科・部署のリスクマネージャーが参加するリスクマネージャー会議を通じて、院内に「医療安全文化」を醸成させるよう努めています。
医療に係る安全管理のために下記の基本的事項を指針として定めており、病院玄関に掲示して患者さんに周知を図るとともに、医療スタッフマニュアルにも掲載して職員への周知を図っています。
図 :安全管理体制組織図(PDF:41KB)
指針:安全管理指針(PDF:188KB)

  1. 安全管理に関する基本的考え方
  2. 安全管理委員会その他の組織に関する基本的事項
  3. 安全管理のための職員研修に関する基本方針
  4. 事故報告等の医療安全の確保を目的とした改善方策に関する基本方針
  5. 医療事故等発生時の対応に関する基本方針
  6. 職員と患者さんとの間の情報共有、患者さん等への指針の閲覧に関する基本方針
  7. 患者さんからの相談への対応に関する基本方針
  8. その他医療安全推進のために必要な基本方針

2.インシデントレポート等の報告システム

医療の質・安全管理部においては、オンラインによるインシデントレポート・想定外報告システムにより、院内で発生した事例や医療安全に係わる様々な情報を収集しています。各リスクマネージャーと情報を共有することにより、迅速な分析、対応に努めています。現在、毎月300件を超えるインシデントレポートが報告されており、重要な事例については詳細な状況報告書の提出を求め、原因の分析などを行って、医療事故等の防止に向けた具体的な施策を実施しています。また、院内の全ての死亡(死産)事例は、医療の質・安全管理部に報告されるとともに、病院長および安全管理委員会でのチェックを受けています。なお、医療事故等の公表については、国立大学附属病院医療安全管理協議会で定められた規定に従って対応しています。

3.安全管理マニュアルの作成

救急患者対応などの安全に関する院内共通ルールだけでなく、肺塞栓症等の特異的な病態の注意点などをまとめた「安全管理マニュアル」を作成し、各診療科・病棟・部門に配置しています。このマニュアルのうち特に重要なポイントを集約したものをポケット版の「医療スタッフマニュアル」として、平成13年度より毎年改訂して全職員に配布しています。

4.医療安全のための研修会等

職員の医療安全に対する知識や意識を向上させるために、全病院職員を対象とした職員研修会を実施し、職員に参加を義務づけています。これらには、外部講師による講演会、病棟・診療科・部門の取り組みを発表するための活動報告会、様々なテーマでの院内講師による講演会、起こった事例を医師・看護師・コメディカル・事務職員がグループに分かれて討議する事例検討会などがあり、また新採用者及び中途採用者への医療安全にかかわるガイダンスや研修医を対象とした勉強会も実施しています。さらに、看護師や事務職員を対象としたBLS(一次救命処置)講習会も定期的に開催しています。

5.医療安全強化のための取り組み

医療安全のための重点目標を定め、年間を通して取り組むと共に、強化月間を設けて確実な実行に向けて取り組んでいます。平成29年度からは病棟間の相互チェックも実施する予定です。

6.啓蒙活動

毎月開催されるリスクマネージャー会議の内容は資料として院内に配布しています。また、随時「リスクマネージメントニュース」を発行して、医療安全情報を発信しています。これらは、リスクマネージャーを通じて個人単位にまで確実に伝達されたことを確認しています。

7.医療安全に係る監査委員会の設置

医療法施行規則第15条の4第2号に基づき、山梨大学医学部附属病院の医療安全管理業務に関する状況を監査し、必要に応じて是正措置を講じるよう意見していただくために、「監査委員会」を設置しています。

詳細については医学部附属病院監査委員会をご覧ください。

 

世界患者安全の日 (World Patient Safety Day)

WHOは、毎年9月17日を『世界患者安全の日』に定め、『患者安全に関するグローバルアクション』に取り組むことに努めることとしました。
本院においても、この日が患者安全のために今やるべきことと、これから取り組むべきことを考える機会となり、新たな一歩を踏み出す節目の日となるよう努めてまいります。
世界患者安全の日 本院の取組(準備中)