山梨大学医学部附属病院

山梨大学医学部附属病院診療科消化器外科、乳腺・内分泌外科(第一外科)

消化器外科、乳腺・内分泌外科(第一外科)

診療内容のご紹介

当科で診療を行なっている主な疾患は下記のとおりです。

上部消化管

食道がん、胃がん、食道裂孔ヘルニア、逆流性食道炎、食道アカラシア、胃粘膜下腫瘍(GISTなど)、胃悪性リンパ腫

下部消化管

大腸がん、炎症性腸疾患、小腸腫瘍、人工肛門

肝臓

肝細胞がん、肝内胆管がん、肝門部胆管がん、転移性肝がん

胆嚢・膵臓

胆管がん、胆嚢がん、肝門部胆管がん、十二指腸乳頭部がん、先天性総胆管拡張症、膵胆管合流異常等、膵臓がん、膵嚢胞性腫瘍、膵内分泌腫瘍等

乳腺

乳がん、乳腺疾患

外来受付スケジュール

初診:午前8時30分~10時30分まで
再診:午前8時30分~11時まで
※午後の専門外来は予約制です。予約票の時間に合わせてお越し下さい。

第一外科 午前
午後
一般初診 午前 ◎市川 大輔 ○河野 寛 ◎市川 大輔
消化管 午前 須藤 誠
河口 賀彦
赤池 英憲
河口 賀彦
赤池 英憲
古屋 信二
須藤 誠
庄田 勝俊
古屋 信二
午後 河口 賀彦
赤池 英憲
庄田 勝俊
古屋 信二
須藤 誠
肝・胆・膵 午前 雨宮 秀武 ○河野 寛
●板倉 淳
川井田 博充
雨宮 秀武
細村 直弘
午後 *藤井 秀樹
(第4週)
○河野 寛
川井田 博充
雨宮 秀武
細村 直弘
*松田 政徳
(第1,3週)
乳腺 午前 木村 亜矢子
中山 裕子
中山 裕子
大森 征人
井上 慎吾
大森 征人
中山 裕子 井上 慎吾
木村 亜矢子
午後 井上 慎吾
木村 亜矢子
中山 裕子
大森 征人
井上 慎吾
大森 征人
*高橋ひふみ
井上 慎吾
木村 亜矢子
ストーマ
外来
午後 須藤 誠

◎:教授  ●:病院教授 ○:准教授  *:非常勤講師
黄色の部分は予約再診です。白色の部分は紹介初診・予約再診です。

当科の診療について

乳腺

当科では、主に乳がんと乳腺良性疾患に対して、診断から治療まで行っています。男性医師 2名・女性医師 3名(専門医 3名・認定医 2名)で診療を行っています。近年、乳がんの発生数は増加傾向にあり、女性のがん罹患率の第1位となっています。このような背景から当科での乳癌手術件数も年々増加傾向にあり、昨年は158例と、今までで最も多い症例数でした。
乳腺疾患の主な検査はマンモグラフィ(最新の3Dも完備)と乳房超音波検査であり、すべて女性の医療スタッフで行うことが可能です。乳癌が疑われた場合は、細胞診や組織診を行い、結果を迅速に提供できるように努めています。
乳がんの治療は、薬物療法、放射線療法、手術療法があり、乳がんの病態に応じて、適切な治療を行います。また、治療方法は、患者さんのご希望を十分に考慮したうえで選択するようにしています。治療観察期間は基本的に10年としています。抗がん剤治療による脱毛・皮膚病変や、手術・放射線治療による上肢のリンパ浮腫など、お困りの症状のときは、外来看護師を中心に、他職種と協力して診療を行い、患者さんが満足する治療に近づけるよう取り組んでいます。
また、遺伝子疾患治療センターと協力して、遺伝性乳がん卵巣がん症候群をはじめとした遺伝性腫瘍に対する相談・管理・治療を受け付けています。進行・再発乳がんの患者さんに対して、がんゲノム医療としての遺伝子パネル検査を行い、有効な薬剤の検索に努めています。
令和2年4月から初診患者さんは可能な限り紹介状を持参していただくようにしました。さらに10月からは完全予約制とさせていただきます。これは限られた医療資源を効率的に運用し、患者さんの待ち時間を短縮するための方策です。何卒ご理解のほど宜しくお願いいたします。

肝臓

当科の肝切除の対象となると疾患の多くは悪性疾患であり、地域の特性上、多くが原発性肝がんである肝細胞がんになります。肝細胞がんは慢性C型肝炎、慢性B型肝炎を背景に発生することが多いのですが、近年、アルコール性肝障害、非アルコール性脂肪性肝炎(メタボリック症候群による脂肪肝)からの発生が増えています。いずれも肝炎を伴うことが多く、外科的治療である肝切除と同様に、再発の抑制、肝予備能の維持のために肝炎とその原因となる基礎疾患に対する治療が重要です。日本肝胆膵外科学会高度技能専門医、日本肝臓学会肝臓専門医が診療を担当し、日本でもトップレベルの生存率を維持しております。肝内胆管がん、肝門部胆管がんでは、門脈塞栓術後の広範囲肝切除はもとより、切除不能な進行がんであっても、根治的切除が最も効果的な治療であることから、化学療法を行い、縮小を得ることが出来れば化学療法後の積極的な根治的肝切除を行っています。
近年、消化器外科領域の腹腔鏡下手術の発展は目覚ましく、当科でも2013年に腹腔鏡下肝切除を導入し、積極的に取り組んできました。肝部分切除に限らす、高難度とされる亜区域切除、区域切除、左肝切除、右肝切除も施行しており、肝切除における腹腔鏡下施行率は50%以上となっています。また、蛍光物質であるインドシアニングリーン(保険適応あり)を用いた赤外光観察を行い、肝表面にない腫瘍の可視化や肝の区域同定が可能になり、より安全に、より正確に腹腔鏡下手術を行っています。一般的に、腹腔鏡下手術は、侵襲が少なく、回復が早いとされますが、肝細胞がん、転移性肝がん(主に大腸がんからの転移が多い)では、2回目、3回目と繰り返し肝切除術を受ける患者さんがおられ、その点でも腹腔鏡下肝切除は、非常に有効な治療手段となります。

胆道・膵臓

胆道がん、膵臓がんは、消化器領域では最も悪性度の高い腫瘍です。手術、抗がん剤治療、放射線療法などの様々な治療を組み合わせる集学的治療を行うことが、患者さんの生存率を向上させることにつながります。
胆嚢がんに対しては肝切除を必要とするもの、胆管切除を必要とするもの、胆嚢のみの摘除でよいものなど、様々な術式が考えられます。当科では、がんの発生部位や進行具合を適切に判断し、それぞれの患者さんに適した手術を行っています。胆管がんで最も行われている手術は、幽門輪温存膵頭十二指腸切除術です。従来膵液瘻という合併症の多い手術でしたが、膵臓と小腸の吻合方法の工夫や徹底した術後管理により、極めて良好な成績を収めています。
良性胆道疾患としては、胆道がんの危険因子である先天性胆道拡張症、膵・胆管合流異常を主に対象にしています。この疾患の病態や治療に関しては本邦のオピニオンリーダー的存在になっており、合併症の少ない根治的な治療を施行しています。最近は腹腔鏡手術を導入し、整容性にも務めています。膵臓がんに関しては、手術を行う前に抗がん剤治療を行うことで生存率が向上するというデータのもと、第1内科(消化器内科)と共同で、術前化学療法を行っています。過不足のない膵切除とリンパ節郭清を行い、必要に応じ、血管合併切除を積極的に施行することにより切除率の向上を得ています。術後の合併症率も低く、速やかに補助化学療法を導入することが可能となっています。膵神経内分泌腫瘍や、膵管内乳頭粘液産生腫瘍などの低悪性度疾患に対しては低侵襲を心がけ、腹腔鏡下膵切除術も施行しています。膵臓がんの適応症例にも腹腔鏡下手術を積極的に行っており、早期退院、早期社会復帰を目指しています。
当科では、日本肝胆膵外科学会認定高度技能指導医のもと安全かつ根治性の高い手術を目指しています。

上部消化管

当科では、上部消化管(食道, 胃)の悪性疾患(がん)に対して、手術療法を中心とした集学的治療の提供を実践しています。食道がん手術は年間約30例行っており、食道外科専門医や食道科認定医を有する専門チームによる診療体系を展開しています。さらに術後肺炎などの合併症を低下させる目的で、歯科医や言語聴覚士、栄養士などのさまざまな職種との連携を術前から導入し周術期管理を行っています。また手術の低侵襲化を図るべく、そのほとんどの手術に胸腔鏡、腹腔鏡を導入し行っています。さらに手術だけでなく、抗がん剤を用いた化学療法、放射線療法を組み合わせた集学的治療を実践し、治療成績の向上に努めています。
胃がん手術は近年増加傾向にあり、現在年間約100例行っています。治療に関しては胃がん治療ガイドラインに準じ、病期の正確な診断のもとにQOL(quality of life)を保った必要かつ十分な手術を実践しています。手術は多くの症例で腹腔鏡手術を施行しており、早期胃がんのほとんどが腹腔鏡下に行われています。また比較的難易度の高い胃全摘術や噴門側胃切除術に関しても腹腔鏡手術を導入し行っています。さらに2017年からはロボット手術を導入し、ロボット支援下に胃切除術を行っています。高度に進行した胃がんに対しても、多臓器合併切除、拡大リンパ節郭清を含め積極的な拡大手術を行い、さらに術前術後の抗がん剤治療を組み合わせ、治療成績の向上に努めております。

下部消化管

当科では、大腸がんを中心に、小腸から大腸の主に悪性腫瘍の診療を行っています。大腸がんについては年間120件前後の手術(結腸がん70~80件、直腸がん30~40件/年)を行っており、その9割近くをより低侵襲な腹腔鏡下手術で行っています。また、2018年からは直腸がんに対してロボット支援下手術を導入し、ロボットの多関節機能・3D機能などのメリットを生かし、狭い骨盤内でのより精密な手術を追及しています。
一方、肝転移や他臓器浸潤を伴う高度進行大腸がんに対しては、腹腔鏡下の大腸がんと肝転移巣の同時切除術や開腹による骨盤内臓全摘術など、侵襲の大きな手術も行い、がんの積極的な治癒切除を目指しています。また、現在の大腸がん治療には不可欠な抗がん剤治療や、下部直腸がんに対する術前化学放射線治療などの集学的治療も積極的に行い、大腸がん治療成績の更なる向上を目指しています。
大腸がん以外では、家族性大腸ポリポーシスや潰瘍性大腸炎に対する腹腔鏡下大腸全摘術などの治療も担当しており、消化器内科との連携や専任の認定看護師による人工肛門外来を行うなど、小腸と大腸の疾患をトータルに診療できる体制となっています。
日々進歩する手術手技・抗がん剤治療などをいち早く導入し、より安全・安心で、質の高い医療を患者の皆様に提供できるよう努めてまいります。

診療科・講座のホームページアドレス

http://y-surg1.jp

スタッフ紹介

市川 大輔
市川 大輔
役割 科長
職種 教授
兼務・所属 消化器外科、乳腺・内分泌外科(第一外科)
卒業年 H.2
専門領域 消化器外科
資格 日本外科学会指導医
日本消化器外科学会指導医
日本外科学会外科専門医
日本消化器外科学会専門医
日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医
日本外科学会認定医
日本消化器外科学会認定医
日本内視鏡外科学会技術認定医
河野 寛
河野 寛
職種 准教授
兼務・所属 消化器外科、乳腺・内分泌外科(第一外科)
卒業年 H.1
専門領域 肝胆膵
資格 日本外科学会指導医
日本消化器外科学会指導医
日本消化器病学会指導医
日本肝臓学会専門医
日本肝胆膵外科学会高度技能指導医
井上 慎吾
井上 慎吾
職種 講師
兼務・所属 消化器外科、乳腺・内分泌外科(第一外科)/ 遺伝子疾患診療センター
卒業年 S.59
専門領域 乳腺 内分泌外科
資格 日本外科学会指導医
日本乳癌学会指導医
日本消化器外科学会指導医
日本甲状腺外科学会専門医
川井田 博充
川井田 博充
職種 講師
兼務・所属 消化器外科、乳腺・内分泌外科(第一外科)
卒業年 H.6
専門領域 肝臓 胆道 膵臓
資格 日本外科学会指導医
日本消化器外科学会指導医
日本消化器病学会指導医
日本肝胆膵外科学会高度技能専門医
河口 賀彦
河口 賀彦
役割 医局長
職種 学部内講師
兼務・所属 消化器外科、乳腺・内分泌外科(第一外科)
卒業年 H.9
専門領域 上部消化管
資格 日本外科学会指導医
日本消化器外科学会指導医
日本消化器病学会専門医
日本食道学会食道外科専門医
須藤 誠
須藤 誠
職種 学部内講師
兼務・所属 消化器外科、乳腺・内分泌外科(第一外科)
卒業年 H.5
専門領域 下部消化管
資格 日本外科学会専門医
日本消化器外科学会
日本消化器病学会専門医
赤池 英憲
赤池 英憲
職種 学部内講師
兼務・所属 消化器外科、乳腺・内分泌外科(第一外科)
卒業年 H.10
専門領域 上部消化管
資格 日本外科学会指導医
日本消化器外科学会指導医
日本消化器病学会専門医
日本消化器内視鏡学会専門医
日本がん治療認定医機構認定医
日本食道学会認定医
雨宮 秀武
雨宮 秀武
役割 外来医長
職種 助教
兼務・所属 消化器外科、乳腺・内分泌外科(第一外科)
卒業年 H.7
専門領域 肝臓 胆道 膵臓
資格 日本外科学会専門医
日本消化器外科学会専門医
日本肝臓学会専門医
日本消化器病学会専門医
日本肝胆膵外科学会高度技能専門医
細村 直弘
細村 直弘
職種 助教
兼務・所属 消化器外科、乳腺・内分泌外科(第一外科)
卒業年 H.9
専門領域 肝臓 胆道 膵臓
資格 日本外科学会専門医、指導医
日本消化器外科学会専門医、指導医
日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医
日本消化器病学会専門医、指導医
日本肝臓学会専門医、指導医
日本胆道学会指導医
日本膵臓学会指導医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
日本医師会認定産業医
庄田 勝俊
庄田 勝俊
職種 助教
兼務・所属 消化器外科、乳腺・内分泌外科(第一外科)
卒業年 H.19
専門領域 消化器外科
資格 日本外科学会専門医
日本消化器外科学会専門医
日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医
古屋 信二
古屋 信二
役割 病棟医長
職種 助教
兼務・所属 消化器外科、乳腺・内分泌外科(第一外科)
卒業年 H.14
専門領域 消化器外科
資格 日本消化器病学会専門医
日本外科学会外科専門医
日本がん治療認定医機構認定医
木村 亜矢子
木村 亜矢子
職種 臨床助教
兼務・所属 消化器外科、乳腺・内分泌外科(第一外科)
卒業年 H.13
専門領域 乳腺 内分泌外科
資格 日本外科学会専門医
日本消化器病学会専門医
日本乳癌学会認定医
原 倫生
原 倫生
職種 臨床助教
兼務・所属 消化器外科、乳腺・内分泌外科(第一外科)
卒業年 H.14
専門領域 消化器外科
資格 日本外科学会専門医
日本消化器病学会専門医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
中山 裕子
中山 裕子
職種 臨床助教
兼務・所属 消化器外科、乳腺・内分泌外科(第一外科)
卒業年 H.17
専門領域 乳腺 内分泌外科
資格 日本外科学会専門医
日本乳癌学会専門医
日本がん治療認定医機構認定医
大森 征人
大森 征人
職種 臨床助教
兼務・所属 消化器外科、乳腺・内分泌外科(第一外科)
卒業年 H.18
専門領域 乳腺 内分泌外科
資格 日本外科学会外科専門医
日本乳癌学会乳腺専門医
芦沢 直樹
芦沢 直樹
職種 臨床助教
兼務・所属 消化器外科、乳腺・内分泌外科(第一外科)
卒業年 H.19
専門領域 消化器外科
資格 日本外科学会専門医
マンモグラフィ読影認定
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
滝口 光一
滝口 光一
職種 臨床助教
兼務・所属 消化器外科、乳腺・内分泌外科(第一外科)
卒業年 H.19
専門領域 消化器外科
資格 日本外科学会外科専門医
日本消化器外科学会専門医
日本消化器病学会専門医
日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
日本内視鏡外科学会技術認定医
日本消化器内視鏡学会専門医
日本腹部救急医学会腹部救急認定医
日本ストーマ排泄リハビリテーション学会認定士
Certificate of daVinci Console Surgeon
平山 和義
平山 和義
職種 臨床助教
兼務・所属 消化器外科、乳腺・内分泌外科(第一外科)
卒業年 H.19
専門領域 消化器外科
資格 日本外科学会専門医
日本消化器病学会専門医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
髙橋 和徳
髙橋 和徳
職種 臨床助教
兼務・所属 消化器外科、乳腺・内分泌外科(第一外科)
卒業年 H.22
山本 淳史
山本 淳史
職種 臨床助教
兼務・所属 消化器外科、乳腺・内分泌外科(第一外科)
卒業年 H.22
資格 日本外科学会外科専門医
齊藤 亮
齊藤 亮
職種 臨床助教
兼務・所属 消化器外科、乳腺・内分泌外科(第一外科)
卒業年 H.23
専門領域 消化器外科
資格 日本外科学会外科専門医
日本消化器外科学会専門医
日本消化器病学会専門医
日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医
中田 晴夏
中田 晴夏
職種 臨床助教
兼務・所属 消化器外科、乳腺・内分泌外科(第一外科)
卒業年 H.23
専門領域 乳腺外科
資格 日本外科学会専門医
日本乳癌学会乳腺専門医
マンモグラフィ読影認定
仲山 孝
仲山 孝
職種 臨床助教
兼務・所属 消化器外科、乳腺・内分泌外科(第一外科)
卒業年 H.26
専門領域 消化器外科
資格 日本外科学会専門医
樋口 雄大
樋口 雄大
職種 医員
兼務・所属 消化器外科、乳腺・内分泌外科(第一外科)
卒業年 H.29
専門領域 消化器外科
三枝 悠人
三枝 悠人
職種 医員
兼務・所属 消化器外科、乳腺・内分泌外科(第一外科)
卒業年 H.30
専門領域 消化器外科
肥田 樹
肥田 樹
職種 医員
兼務・所属 消化器外科、乳腺・内分泌外科(第一外科)
卒業年 H.29
専門領域 消化器外科