山梨大学医学部附属病院

山梨大学医学部附属病院部門その他の部門総合がん診療部

総合がん診療部

業務内容

近年、がんに対する診療は、多様化しながら急速に進歩しています。がんに対する治療と言っても、手術だけでなく、薬物治療や放射線治療もあり、それらの特性を活かした患者さん一人一人に最適の治療を選択することが重要です。総合がん診療部は、大学病院ならではの各診療科のエキスパートが、診療科の垣根を越えて横断的に協力し、安全性を担保しながら世界レベルのがん治療を県民の皆様に提供することを目指して設置されました。具体的には、ロボット支援下手術を含む患者さんに優しい低侵襲手術や免疫チェックポイント阻害剤等を用いた先進的な化学療法の実践や、最新機器による高精度放射線治療も組み合わせた集学的治療にも積極的に取り組んでいます。近年では、がんゲノム医療連携病院として、遺伝子パネル検査等のゲノム医療の提供も行っています。また、がんに対する治療中の患者さんの疑問や悩みに対して、がん相談支援センターや緩和ケアチームとも連携し、多職種で協力しながら患者さんが安心してより良い治療を受けられる体制を整えております。